ひろさんきっちん♪薄味でも満足な魔法レシピ

少ない調味料でも作れる「料理研究家のレシピ」

↑おすすめカテゴリです スライドできます

「さっぱり絶品」漬け込まない生姜焼きの作り方・変わりタレのレシピ

こんにちは、「薄味レシピの料理研究家」ひろさんきっちんです。

「普通」の生姜焼きに飽きてませんか?

タレと焼き方を一工夫してあげると、普段と違う「さっぱり絶品な」生姜焼きができますよ。

さっぱり絶品の正体は「オレンジジュース」と「コールドスタート」

生姜焼きを「さっぱり」させる食材はオレンジジュース

「え!?オレンジジュース??」

こんな声が聞こえてきますが、オレンジジュースの酸味が豚の油をさっぱりさせ「飽きない生姜焼き」ができますよ!

この変わりタレはハマります。

コールドスタートで「やわらかで味しみ」

コールドスタートとは、「冷たいフライパンから焼き始める」技法です。

この方法だと余計な熱が豚肉に入らないので、「やわらかく味がしみた」生姜焼きが作れます。

しかも慌てずに調理もできる優れた方法なので、ぜひ実践してみましょう。

では、詳しい材料と作り方の確認です!

材料

食材 分量
豚肉(バラ) 250g
玉ねぎ 1/2個
しょう油 大さじ2
みりん 大さじ2
オレンジジュース 大さじ4
しょうが 大さじ1

2人分です!

調理時間の目安 「15分」
※薄味レシピです、普通〜濃い目が好みの場合はしょう油を大さじ3用意してください。

作り方

  1. しょうがをすりおろす

  2. 玉ねぎを2mmぐらいのスライス。
    豚肉を一口大に切る

  3. 火をつける前のフライパンへ、豚肉と玉ねぎを入れ
    しょう油大さじ2みりん大さじ2を入れ、よくからめる

  4. 調味料が馴染んだら、火をつけ中火にして
    混ぜながら火を通す

  5. 火が通ったら、しょうが大さじ1、オレンジジュース大さじ4を入れる

  6. すこし汁気が残るくらいまで、炒めたらできあがり!

さっぱり絶品にできました!

一口食べて「う、うまい、、、」

「うまいーーーーい!」という感じではないですが、確実にいつもの「生姜焼きよりうまい」です。

オレンジジュースの味ははほとんど残らないですが、上手に隠れて生姜焼きを優しくフォローしています。

この「さっぱり」はクセになりますね。

風味をワンランクアップさせるコツ

生姜は「おろしたて」を使いましょう。風味がだんぜん良いです。

フワッとくる「生姜の香り」はおろしたてならではです。

まぁめんどくさい時はチューブでも良いですが。笑

いつもと違うさっぱりとした「生姜焼き」をぜひお試しください!

料理が楽しくなりますように^ ^

ではでは〜