ひろさんきっちん♪薄味でも満足な魔法レシピ

少ない調味料でも作れる「料理研究家のレシピ」

↑おすすめカテゴリです スライドできます

「毎日でも飽きない!」トマトソースパスタの手作りレシピ

こんにちは、「薄味レシピの料理研究家」ひろさんきっちんです。

毎日食べても「飽きない」シンプルなトマトソースパスタを紹介します。

しかも「手作りで簡単に」作れるんですよ。

飽きない味は「シンプル」

白いご飯を毎日食べても飽きないように、パスタも「シンプル」な味付けが大事です。

余り複雑な味や材料だと大変&飽きちゃいますから、今回のレシピは「シンプルな材料」作れるように工夫してあります。

「香味野菜」を少な目がポイント!

トマトソースと言えば「にんにく・玉ねぎ」がメインな材料だと思い浮かべますが、

実は「にんにく・玉ねぎ」を少な目の方が美味しく作れるんですよ。
香りを抑えめに作るとトマトの味を楽しめるので、「飽きない味の秘訣」です。

今回は僕が「毎日でも飽きない比率」を考えたので、ぜひ実践してみましょう。

では、詳しい材料と作り方の確認です!

材料

食材 分量
トマト缶(カット) 1缶(400gくらい)
ベーコン(スライス) 3枚
にんにく(みじん切り) ひとかけ
小さじ1/2
みりん 大さじ2
オリーブ油 大さじ2
黒こしょう 少々
パスタ(乾麺) 160g

2人分です!
調理時間の目安 「15分」
※薄味レシピです。普通〜濃い目が好みの方は塩を小さじ2/3〜小さじ1用意してください。

作り方

  1. にんにくをみじん切り
    ベーコンは1cmぐらいに切る

  2. 火をつける前のフライパンへオリーブ油大さじ2を入れる

  3. にんにくを入れ、火をつけ弱火にする

  4. 香りが立ってきたら、ベーコンを入れ中火にして炒める

  5. ベーコンに少し焦げ目がついたら
    トマト缶、塩小さじ1/2、みりん大さじ2、黒こしょう少々を入れ
    3分ほど炒めたら、ソースの完成!

  6. パスタを好みの固さより、少し固めに茹でる

  7. ソースを温め、パスタをからめてできあがり

酸味をまろやかにするコツ

オリーブオイル多め

トマトの酸味は高温になると飛ぶので、オリーブオイルを多めに入れて「しっかり」炒めましょう。

それでも酸味が強い場合

仕上げにバター10gを足してみてください。酸味が和らぎます。
ピザ用チーズひとつかみでも美味しくできます。

簡単に手作りトマトソースができますね

特別な材料がなくてもできちゃいましたね!

トマトの旨味・甘味・酸味がちょうどいいバランスで、毎日食べても飽きない味にできました。
多めに作って冷凍保存もおすすめです。

普段たまねぎで出す甘味を、「みりん」で代用して時短で作れるように工夫してあります。
みりんは砂糖に比べて「複雑な甘味」がでるので美味しくなります。

もう少し甘味を出したい方は「プラス2分じっくり炒めて」ください。
トマトの旨味が濃くなり、トマト好きも満足できます。

手順さえ覚えてしまえば器用な人は、パスタを茹でている間に
ソースもできるとおもいます♪

チャレンジしてみて下さい!

私はゆっくり作ります。 笑

料理が楽しくなりますように^ ^

ではでは〜