ひろさんきっちん♪薄味でも満足な魔法レシピ

元サラリーマン料理研究家の時短・うす味・美味しいレシピ

↑おすすめカテゴリです スライドできます

「8年間使っても大丈夫」リバーライトの極。厚板フライパンの紹介とお手入れ方法

今日はレシピではなく、ひろさんきっちん♪が使っているフライパンの紹介をしたいと思います!

その名もリバーライト「極」厚板フライパン。プロも使用する本格的な1枚です。

鉄のフライパンは丈夫

リバーライト極28cm厚板フライパン

僕は鉄のフライパンを使っています。なぜかというと丈夫だからですね!8年間使っていますが全然ヘタらないです。
丈夫すぎて使えなくなる日が来るとは思えない程です。

僕が使用しているのはリバーライト極(きわめ)厚板フライパン

8年間使っている使用率No.1のタフなフライパン!厚さ3.2mmのプロ仕様!(男心をくすぐる〜)

フライパンの厚みがあるので食材を入れた時に、熱が下がるのを防げムラなく美味しく焼きあがります
重さは超重量級の2kg!(28cm使用)ちょっとした筋トレ器具ですね。笑

3〜4人分の量を作るのに適しています。特に餃子やハンバーグを焼くのに向いています。このフライパンで焼くと食材が水っぽくならずにパリッと焼けます。

一番感動した料理は「目玉焼き」

目玉焼きの画像

一番感動した料理は目玉焼きです!白身がプリッとして、はじっこはパリッと焦げ目が付きます。あの感動は今でも覚えているぐらい衝撃的な体験でしたね。

リバーライト極の特徴

リバーライト極厚板フライパンのアップ

なんといっても錆びにくい

これは、「窒化鉄層と酸化鉄層」を作る特殊な熱処理をしているからですね。

普通の鉄のフライパンだと錆びやすくお手入れが大変ですけど、リバーライト「極」シリーズは錆びにくく強い鉄を使用しているので、お手入れが簡単です。

リバーライト極は使い始めが簡単

リバーライト「極」は、普通の鉄のフライパンと比べて使い始めがとっても簡単!

普通の鉄のフライパンは買ってから、空焼きして錆防止の塗装を焼き切り、その後に油塗って〜、と大変です。
この作業だけでも30分〜1時間ぐらいかかる重労働です。

リバーライト「極」は前項でも紹介した 特殊熱処理がしてあるので、油慣らし→余分な油を出し、調理に必要な油を入れるだけで使い始められます!

この「油慣らし」はしっかりしましょう

油慣らしをしっかりしないと、フライパンに食材がくっつきやすくなります。
ちゃんとやるとフッ素加工のフライパンみたいに、するっと目玉焼きだって焼けますよ

あと、料理全般に言えますが火は弱めが良いです。火が強いと焦げ付きやすかったり表面だけ焼けて中は生焼けなど失敗しやすくなります。

リバーライト極のお手入れ方法

①使い終わったら金たわしでゴシゴシこする

ゴシゴシこすって汚れをしっかり落としましょう。汚れが残っていると次使うときにそこから焦げてきてしまいます。
でも洗剤は使っちゃダメです。洗剤を使うとせっかく馴染んだ油が取れてしまいます。

②水を切ったらフライパンを火にかける

洗った後にしっかり水を切ってコンロで火にかけます。ジュワジュワして水分が無くなったらokです。このまま置いておいても錆びません。リバーライト「極」の最大の特徴です。

お手入れはたったコレだけです。「鉄のフライパンって難しそう」って思っている方が多いと思いますが、リバーライト「極」はめっちゃ簡単です。

焦げ付いてきてしまったら

強火にかけてフライパンに付いている汚れを焼き切ります。少し煙が出るぐらいで大丈夫です、フライパンが冷めたら金たわしでしっかりこすって焦げを落とします。

この作業が終わったら油慣らしから始めれば、元通りに復活します。

使い方の動画を用意しました

使い方をざっとまとめた動画です。参考になると思います。

「1分」でわかる!リバーライト極の使い方 - YouTube

鉄のフライパンの注意点2つ

「酸っぱい系料理が苦手」

リバーライトだけでなく鉄のフライパン全般に言える事なんですが、「酸っぱい系の料理」が苦手です。

なぜかというと、表面の鉄が溶け出して料理が若干鉄の匂いがします。気にならないレベルですがトマトソースやケチャップを使った炒め物(オムライスやナポリタンなど)をするとこの特徴がでます。

IHヒーターと相性が悪い

その原因は加熱ムラがある事です。ガスコンロでも加熱ムラはあるのですがIHヒーターの方がムラがあります。

サイズが小さめのものを選んでもらえれば、影響を最小限に抑えられますので、小さめをおすすめします。

リバーライト極厚板フライパンのサイズは3種類

リバーライトのフライパンのグリップ

極シリーズは「極」「極JAPAN」の2種類がありますが、フライパンの部分は同じです。
グリップが塗装製か白木製の違いです。お好みで選んでください。

24cm

このサイズは1〜2人分作る事に適しています。さっと作って、さっとしまえるので取り扱いが容易です。

26cm

このサイズはどなたでもオススメできる万能なサイズです。2〜3人分作れます。
少し重いですがフライパンを煽って使えるギリギリな重さです。

28cm

これは僕が使っているサイズです。3〜4人分作るのに最適な大きさですが、ただめちゃくちゃ重いです。
ほかのサイズに比べ保温性も良く、綺麗焼けるんですが重さが難点になるかもしれません。

まとめ

8年もお気に入りで使っているフライパンをどうしても紹介したくて記事を書きました。紹介文章はいつもと違くてちょっと新鮮でした。(笑)

ガスコンロを使っている人は是非とも使ってみてくだい。きっと感動すると思います!