ひろさんきっちん♪薄味でも満足な魔法レシピ

元サラリーマン料理研究家の時短・うす味・美味しいレシピ

↑おすすめカテゴリです スライドできます

ペスカトーレをシーフードミックスで簡単に!ワンポットパスタのレシピ

ワンポットパスタでペスカトーレ

スパゲティペスカトーレって知っていますか?簡単に説明すると、トマトベースのシーフードたっぷりなパスタです。
こう聞くと「難しそう」「家庭じゃ無理でしょ」そんな事はありませんよ〜

ワンポットパスタなら簡単に美味しく作れます。

ペスカトーレをワンポットパスタで

ムール貝、手長エビ、どっさり海鮮が入ったペスカトーレ。こんなに豪華なパスタは家庭では作れませんね(笑)

そこは、ワンポットパスタでペスカトーレです、海鮮はシーフードミックス、案外やっかいな辛味はラー油で充分です。これだと「美味しくないじゃ、」と思われがちですが、しっかり美味しく旨味の濃いペスカトーレが作れます♪

では材料と詳しいレシピを確認しましょう、押さえておきたいポイントはレシピの後にまとめてあります。

ペスカトーレのレシピ

食材 分量
パスタ(1.6mm) 200g
にんにく 1かけ
シーフードミックス 100g
トマトジュース 300cc
300cc
オリーブオイル 大さじ2
小さじ1
薄力粉 小さじ1

2人分 調理時間の目安 15分
フライパンの大きさ26cm
※手順中に分量が記載してあります。

ペスカトーレの作り方

  1. にんにく(1かけ)の芽を取り1mmのスライスにする
    トマトジュースへ薄力粉(小さじ1)を入れ、ダマが無いように混ぜてトマトソースを作る

  2. 鍋orフライパンへ半分折ったパスタ(200g)、シーフードミックス(100g)、水(300cc)、オリーブオイル(大さじ2)を入れて火をつけ中火にする
    沸騰したらパスタがくっつかないように混ぜる
    ①のトマトソースを入れ再沸騰させる
    ペスカトーレの準備

  3. 沸騰したらごく弱火におとしフタをする
    5分茹でたらパスタくっつかないように軽く混ぜフタをして好みの固さまで茹でる
    皿に盛り付ける
    ペスカトーレを仕上げる

簡単な材料へ変更もok!

にんにく1かけをにんにくのすりおろし(チューブ)へ変更もできます。分量の目安はチューブから出した長さ2cmです。
あまり入れすぎるとにんにくの香りが強すぎて、味のバランスを崩すので気をつけましょう。

ペスカトーレのポイント「オリーブオイルを使う」

ペスカトーレの画像

サラダ油ではなくオリーブオイルを使ってください。このレシピは難しい材料は一切使っていません。しかし、オリーブオイルだけは必ず使ってもらいたい材料です。

なぜかというと香りが全然違います。仕上がりの香りが変わるだけでお店で食べるような本格的な味に近づきます。

1回目の沸騰をしっかり

1回目の沸騰しっかりさせてパスタを混ぜましょう。ここでしっかり沸騰させておくとパスタのタンパク質が固まりくっつきづらくなります。また油分が均等にコーティングされるのでパスタ同士がくっつかないポイントになっています。

生の海鮮でもok

簡単にペスカトーレを作る為に今回はシーフードミックスを使いました。豪華に作りたい場合はアサリ、ムール貝、有頭エビなどどっさり海鮮ペスカトーレもできます、具を入れるタイミングはシーフードミックスと同じでokです。

そもそもペスカトーレとは?

ペスカトーレとはイタリア語で「漁師」という意味なんです。その昔、ペスカトーレ島に住む漁師さんが売れなかった魚などをトマトソースで煮込んだことが始まりとされています、日本でいうとあら汁がわかりやすいですね。
魚介の旨味が溶け込んだソースは絶品です、ぜひワンポットパスタでお手軽に味わいましょう。

ワンポットパスタなら簡単

パスタを作るとなると、ソースをフライパンで作って、鍋でパスタを茹でて、「簡単にパスタで良いよ〜」と言われても案外大変です。でも、ワンポットパスタなら楽です。鍋へ具、ソース、パスタを煮込むから「お手軽・時短・洗い物が少ない」と利点が沢山あります。

さらにしっかり煮込めるので、パスタへシーフードミックスの美味しい旨味がしっかり入り込むんですよ。今回のようなトマトベースパスタはワンポットパスタの得意分野です。レトルトより何倍も美味しいのでチャレンジしてみてください。

パスタの太さは「1.6mm」

パスタの太さは断然1.6mmをオススメします!ワンポットパスタは煮込んでソースまで仕上げるので、1.6mmより細かったりするとパスタはアルデンテなのに、ソースが仕上がっていない。太いとパスタは固いのにソースの水分がなくなる。などバランスが悪くなります。

1.6mmだとアルデンテに茹であがってソースの水分もちょうど良く残り、美味しい本格的なパスタが作れます。

ワンポットパスタの基本をまとめました

もし、ワンポットパスタを初めて作るから「よくわからない」こんな方はこの記事をざっと読んで頂ければワンポットパスタがどんな料理かわかります。ぜひご一読くださいね。