ひろさんきっちん♪薄味でも満足な魔法レシピ

元サラリーマン料理研究家の時短・うす味・美味しいレシピ

↑おすすめカテゴリです スライドできます

【成功率92%】殻がツルツルむける!ゆで卵の作り方を教えます🥚

卵を茹でる

ゆで卵を作るときに最大の失敗原因、、、

殻がくっついてゆで卵がボロボロなる。ですね。

なかなか、つるんと殻がむけなかったり、途中で割れて中身が出たり、数多くの失敗を生み出してきました。

しかし、僕は諦めませんでした、「失敗しない方法はあるはずだ…!」そして、失敗しない茹で方を発見したのです!
今回は特別な材料や特殊な機械を使わなくたって92%成功する方法なので、ぜひ♪

失敗しないゆで卵の作り方

  1. 冷蔵庫から出した卵のとんがっていない方に小さな穴を空ける
    鍋へ卵がかぶるくらいの水を入れて、卵を5分入れておく
    卵を水に漬ける

  2. 卵を出して、火をつけ中火にする
    沸騰させ塩(ふたつまみ)を入れる、卵をおたまでそっと入れる
    卵をゆで始める

  3. 弱火にして好みの固さまで茹でる
    茹で終わったら水道水に当てよく冷やす。この時に殻に軽くヒビを入れて10分以上水につけておく
    (できれば氷水がベスト)
    茹で卵を冷やす

  4. 水道水を当てながら殻をむく
    失敗しないゆで卵の作り方4

  5. 動画もあります

ひとつだけ注意点

買ってきたばかりの新鮮な卵は、この方法でも殻がくっついてしまうことがあります。

それでも今回の方法はなるべくくっつかないので良い方法ですよ。あとは運ですね(笑)

茹で加減の目安

卵を入れてからの時間で茹で加減を調節します。大体の目安にしてくださいね。

スポンサーリンク



6分 超半熟

超半熟ゆで卵

黄身がもうとろっとろ。ゆで卵を割ったらでろんと出てきます。

このくらい柔らかいと殻を剥くのが大変です。しっかり冷やしてから剥くと失敗しづらいですよ〜

8分 半熟

半熟茹で卵

ちょうど良い茹で加減だと思います。僕は好きです。

12分 完熟

黄身が完全に固まった状態です。タルタルソースやお弁当に。

92%成功させるポイントは4つ!

ゆで卵を失敗しないようにするには4つのポイントを守ってみてください。これでほとんど失敗しませんよ♪

殻に穴を空ける

卵に穴を空ける

これは定番ですね、失敗したくなかったら絶対に穴を

僕は包丁の角で軽く「コツン」と穴を空けます。100均で売っている穴あけ機でもokですよ♪

めんどくさがって穴を開けないとだいたい失敗します(笑)そんだけ大事って事ですね〜

水に5分以上漬ける

卵を水に漬ける

穴を空けたらかぶるくらいの水に5分以上漬けます。できれば10分以上がおススメです。

こうすると、殻と白身の間へ水が入ります。これで茹で上がりの殻のくっつきが抑えられるんですよ〜

あと、水に漬けてから茹でると途中で殻が割れにくいです。冷蔵庫から出したての卵は、お湯との温度差で割れやすいのでしっかり常温へ戻しましょう。

茹で上がったら冷やす

茹で卵を冷やす

お好みの時間に茹で上げたらしっかり冷やしましょう

冷やさずに殻を剥くと白身が柔らかいので割れやすくなります。超半熟の茹で加減なら、さらにしっかりと冷やしてからが良いです。これでびっくりするぐらい割れにくくなります。

水をあてながら殻をむく

卵の殻をむく

水をジャーっとあてながら殻をむくと、つるっとむけやすいです。殻の膜と白身の間へ水が入ってむきやすいですよ〜

比べてみましたが結構むき加減が違いました、ぜひ水をあてながらむいてみましょう♪

まとめ

①殻に穴を空ける

②水に5分漬ける

③茹で上がったらしっかり冷やす

④水をあてながらむく

この方法を発見してからゆで卵にストレスを感じなくなりました。(笑)

今までは3つ茹でれば1個は失敗していたので「うーむ」ってなっていましたが、もう大丈夫です♪何回もこれで作っていますが、本当に92%は失敗しません!

トライしてみましょう!